モリアオガエル 卵からおたまじゃくしへ

[モリアオガエル] ブログ村キーワード 我が家の池のモリアオガエルのたまごに変化がありました フワフワのたまごの裂け目から孵化したおたまじゃくしが見えています モリアオガエルのオタマジャクシが 池に落ちていくのです

画像
 

まだ全体に白っぽく さかんに 身体を動かしています。 真下にある池にポタポタと落ちていきます

画像
 

オタマジャクシはおなかに、 卵黄というお弁当を付けています。 しばらくの間は おなかに付けたこの養分で成長します

画像
 

次々に ポトポトと下の池に 落ちていきました。 モリアオガエルのたまごは、内側がやわらかくなっています

画像
 

産卵直後のたまごは 真っ白でフワフワしていますが 日が経つうちに色あせ表面だけがカサカサに 固まります。 表面の乾いた層の厚さは約3センチメートルです 

内側は固い表面が空気をさえぎってくれるので 必要な温度や湿度は 保たれたままです。 その中で モリアオガエルは成長していきます 

画像
  

だんだん身体が黒っぽくなり クリっと黒い目がはっきり見えるようになりました。 真っ黒な目が かわいい 

画像
 

この卵は 睡蓮の葉の上に 産みつけられたものです
他にもいくつか睡蓮の葉の上に 産みつけれたものがありましたが、雨や風の時に葉から滑り落ちて 池にそのまま沈んでしまったのもあります 

画像
 

今日は曇りですが 日差しがあり 泡がだんだん乾いてきてしまいました 
池の中をよく見ると 赤い金魚の姿が見えました 
ボウフラを食べてもらうために 池に入れた小さい金魚です。 でも まるでジョーズの様に 睡蓮の周りを 泳いでいます

画像
 

下の方にある睡蓮の葉を見ると 何かがある・・・・・・
「これは乾いてしまった おたまじゃくしではないのぉ?!池に入れなかったんだ」

 睡蓮の 花の中に落ちてしまうおたまじゃくしもいました
画像
 

画像
 

ほとんどの おたまじゃくしが たまごから 出たようです。が 表面の乾いた層にいるのは 乾きのために死んでしまうそうです。 
池の中に落ちた白いフワフワのたまごは、おたまじゃくしの 餌になります

画像
 

泡のたまごは 産みつけられてから約10日ぐらいで、 空気中の湿気とオタマジャクシが出す成分で 溶けていきます。その時に オタマジャクシが池に落ちていきます。

モリアオガエルは、「産みつけた下に必ず池があるような場所に たまごを産みつける」 と言われていますが 池から遠い所に産みつけられたものもありました

画像
 

画像


池の中から モリアオガエルの 先輩が見守っていました
兄というか 姉というか 親戚というか・・・・・どんな関係なんだろうか

たぶん 同じ故郷つながり だね 







この記事へのコメント

2009年06月15日 23:47
10日くらいでおタマちゃんになるんだね こんな風に卵を産む子はこちらにはいないので(そもそも本来は2種類しかいなくて 後は外来種らしいです)興味津々だなぁ! 毎日池に居ても飽きないねぇ!
2009年06月16日 07:10
まるおお様
モリアオガエルは 緑色で可愛いです
掌に載せると指ぐらいの大きさ 動きが遅く簡単に捕まるのも たどたどしい赤ちゃんっぽくて かわいいです 

2009年06月16日 22:07
これは凄い観察日記だ
モリアオガエルのおたまじゃくしって、小豆色みたいだね、メレンゲの中に、ホタルイカが入ってるようで
食べたくなってしまった。
おじさんも、池にいたら金魚さんと同じでジョーズノのようにウロウロするかも
2009年06月16日 23:20
mikotoおじさん様
何年も モリアオガエルの卵を見たし、オタマジャクシも見たのですが 孵化は初めて見ました 

3か月ぐらい前に入れた金魚は 丸々太り 超メタボ体形で 大きくなっていてビックリしました 池の中には そんなにおいしい食べ物があるのだろうか 聞いてみたいぐらいです

この記事へのトラックバック